ニキビには化粧水を付けよう|無添加のものがいい

  1. ホーム
  2. 対策の基本は洗顔と保湿

対策の基本は洗顔と保湿

手

生活習慣の乱れも原因に

毛穴が詰まり、皮脂がその中に蓄積していくとアクネ菌が増殖して皮膚に炎症を起こさせます。これがニキビと呼ばれている症状で、洗顔で余分な皮脂や角質を取り除くことがその基本的な対策となります。しかし、洗いすぎると皮膚のバリア機能が落ちたり、乾燥しやすくなるために却って皮脂も溜まりやすくなってしまいます。そうなると逆にニキビを悪化させてしまうので注意しましょう。洗顔後も顔がベタベタするからとの理由で、何もケアをしないでいるのは問題です。必ず化粧水などの基礎化粧品での保湿をするようにして下さい。その際に使う化粧水には、皮脂の酸化や分泌を抑制する効果があるとされるビタミンC誘導体の入った化粧水がお薦めです。ビタミンCには美白効果もあるので、ニキビ跡の色素沈着への対策にもなるでしょう。ビタミンCとしては肌の奥まで行き届かないので、より浸透させやすい誘導体が配合された化粧水を使うことになる訳です。その中でも昨今では特に浸透力が高いとされるAPPSという誘導体が配合された化粧水が注目されています。又、ニキビはストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れも原因となるので、ストレスを溜めないことと規則正しい生活を心掛けるのも大切なことです。食生活に関しては脂っぽい物や肉類を控え、栄養バランスに気を配りながら水分も意識して補給するようにして下さい。特に便秘には注意が必要で、老廃物が溜って腸内環境が悪くなるとニキビもできやすくなります。乳酸菌や食物繊維を含んだ食べ物を摂取して便秘解消に努めましょう。