ニキビには化粧水を付けよう|無添加のものがいい

  1. ホーム
  2. 二つの対策で肌環境を改善

二つの対策で肌環境を改善

基礎化粧品

同時にケアするのが効果的

さまざまな要因が複雑に絡み合って出来る大人ニキビを治すには、体の内側と外側の両方から対策を講じる必要があります。まず化粧水等を用いてのスキンケアに関しては、保湿を第一に行うようにすると良いでしょう。大人ニキビも毛穴詰まりとアクネ菌の繁殖が直接的な原因ではありますが、だからといって皮脂を落とすことばかりに気を取られてはいけません。毛穴が狭くなってしまったり皮脂が過剰に生成されたりするのは、乾燥によるところが大きいからです。セラミドやヒアルロン酸のような保湿成分が十分量配合されている化粧水を使い、乾燥から肌を守りましょう。化粧水を付ける際にはコットンや手のひらでやさしく馴染ませるのが基本です。こすったり叩いたりすると刺激でニキビが悪化してしまうことがありますので、避けるようにしてください。内側からのケアとして最も有効なのは食生活の改善です。ニキビが出来にくく治りやすい環境を作るには、栄養バランスにも気を配らなくてはなりません。酸化や皮脂の過剰生成を防ぎ肌を健康に保つ作用があるビタミン類は、積極的に取りたい栄養素となります。食物繊維や乳酸菌で肌の状態を左右する腸内環境を整えるのも、ニキビ対策としては効果的です。一度に吸収できる栄養素の量は限られています。一度に大量に摂取するのではなくさまざまな食材を取り入れた料理をバランスよく食べるようにすると栄養の偏りを防ぎ、必要な成分を効果的に体内に取り込むことができます。大人ニキビの予防と改善を目指すのであれば、化粧水を使ったスキンケアとバランスの取れた食事の両方からアプローチしていくと良いでしょう。